常用型派遣とは?メリット・デメリットについて詳しく解説!

公開日:2024/06/15 
疑問

常用型派遣は注目される雇用形態のひとつです。同じ派遣先で3年以上働けるという安定感は一見魅力的ですが、その裏には慎重に検討すべきポイントも潜んでいます。この記事では、常用型派遣のメリットとデメリットを解説します。安定性を求める一方で注意が必要な事項を把握し、最適な働き方を見つけましょう。

理解しておきたい!常用型派遣とは?

常用型派遣は、労働形態のひとつであり、派遣会社に直接雇用される形態を指します。この雇用形態は、派遣と呼ばれる働き方の一般的なイメージとして広く知られている登録型派遣とはまったく異なります。以下は、常用型派遣に関する重要なポイントです。

雇用形態の違い

常用型派遣は派遣会社に直接雇用されて、派遣会社の社員として派遣先企業に就業します。対して登録型派遣は、登録した派遣会社を通じて派遣先企業で一定期間就業する間接雇用です。

常用型では、面接や選考といった採用試験を経て合格の内定が出され、派遣先が決定した時点で雇用契約が成立します。

契約期間

もっとも注目すべきは契約期間の違いです。常用型派遣は無期契約で、事実上無期とされる有期契約も含まれます。これに対し、登録型派遣は有期契約が一般的です。

選考プロセスと要件

派遣会社は常用型派遣の選考プロセスにおいて学歴、職歴、資格、スキル、適性などを重要視します。一方、登録型派遣は登録時におこなわれる面談や登録情報が重視されます。

過去の変遷と関連用語

2015年以前は特定派遣と呼ばれていましたが、法改正により常用型派遣へと呼称が変遷しました。また、無期契約に転換する無期雇用派遣という言葉も関連しています。

常用型派遣の割合と希望

派遣全体の約46.1パーセントが常用型派遣で、そのうち約16パーセントが無期契約です。多くの労働者がメリットを理由に、常用型を希望している傾向があります。

働く前に押さえておきたい常用型派遣のメリットとデメリット

常用型派遣は未経験者にも門戸が開かれており、雇用の安定性やトラブルの少なさに大きなメリットがあります。ただし、採用試験の厳しさや正社員との待遇格差に留意する必要があります。将来的なキャリアプランや生活スタイルに合わせ、メリットとデメリットを検討して、最適な働き方を見つけることが大切です。

常用型派遣のメリット

常用型派遣は未経験でも積極的に採用され、派遣前に研修を受けられるのが魅力です。異なる業界や職種に挑戦する際、必要なスキルを身につけられる点が有利です。また、常用型は派遣元企業の社員として長期間働くため、雇用の安定性が高くなります。

一般的な派遣契約のような雇用契約の短期性がないため、安心して仕事に取り組めます。さらに、派遣先との関係が長期間にわたり続くため、コミュニケーションが円滑になり、結果としてトラブルが少なくなる点もメリットです。信頼関係が築きやすく、業務に集中しやすい環境が整っています。

常用型派遣のデメリット

常用型派遣で働くには、派遣会社の厳しい採用試験を受ける必要があります。一般的な面接や試験をクリアする必要があるため、採用までのプロセスが一般的な求人よりも多くなります。また、常用型は派遣元企業の社員扱いではあるものの、正社員ではありません。

そのため、正社員とは待遇の差が生じます。福利厚生や給与条件が正社員よりも低い場合があり、これを事前に理解しなければなりません。さらに、常用型派遣は派遣会社が本人のもつスキルや経験を考慮したうえで派遣先を決めます。

登録型のように、派遣先となる企業を自分で選べるわけではない点にも注意が必要です。

雇用形態の選択に注意!常用型派遣が向いている人の特徴

常用型派遣を選ぶことで、安定感のある働き方を実現できるでしょう。ただし、個々の雇用条件や派遣会社の方針によっては注意が必要です。自身のライフスタイルやキャリアプランに合った雇用形態を見極め、一歩踏み出す前に慎重に検討することが重要です。

雇用の安定性を求める人

常用型派遣は、月給制度が一般的であり、安定した収入を得られます。経済的な安心感を求める人や、将来にわたって雇用の不安を感じたくない人に適しています。毎月一定額の給与がもらえることで、生活の予定を立てやすくなります。

福利厚生やボーナスを重視する人

常用型派遣では、派遣先企業の正社員と同等の福利厚生やボーナスが得られる場合があります。これにより、安定した経済的基盤を築き、生活に余裕をもたらすことが可能です。とくに、将来の事業拡大が見込める業績の好調な企業で働くことで、ボーナスなども期待できるでしょう。

長期的かつ安定的に働きたい人

常用型派遣は、通常の登録型派遣よりも長期にわたる雇用が可能です。企業の一員としてじっくりと経験を積むことができ、キャリアの構築が期待できます。この雇用形態は、ひとつの企業に長期間勤務してスキルを高めたいと考える人に最適です。そのため、将来的に正社員に転職したいという目標をもつ人にもマッチします。

まとめ

常用型派遣は、同じ派遣先で3年以上働ける雇用形態です。この特徴から、安定雇用や高い給与が期待できますが、一方で転職が難しいというデメリットもあります。働く前にメリット・デメリットをよく理解しておくことが重要です。

選択する際には、雇用の安定感や給与額、将来のキャリアプランに注意をはらいながら、自身のニーズに合った雇用形態であるかどうかをしっかりと検討しましょう。

広島のおすすめ製造業派遣会社比較表

イメージ






サービス名広島求人NAVI(有限会社ライブワーク)e仕事(日研トータルソーシング)ファーストスタッフシナジー0909work(ジャパンクリエイト)ワークスタッフナビホットスタッフ
特徴求人情報だけでなく、仕事に関する相談もできる求人サイトものづくりの仕事を得意とする求人数の多いサイト。バックアップ体制も充実!目指すは地域のハローワーク。モットーは人材=人財との考え方派遣などの人材サービス事業を中心に、人と組織の課題を総合的に解決キャリアアップを目指せる製造業・物流業に特化した人材派遣サービス全国に拠点をもち、求職者のニーズにも柔軟に対応できる人材派遣会社地域密着型で、福利厚生や就業中のサポートが手厚い人材派遣会社
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら